スポンサーサイト

PR
---下記は、キーワードによるサイト探し  検索エンジンによるサイト複数一覧表示---

トップページへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PR

---下記は、キーワードによるサイト探し  検索エンジンによるサイト複数一覧表示---

トップページへ




懸賞 携帯

PR
---下記は、キーワードによるサイト探し  検索エンジンによるサイト複数一覧表示---

トップページへ

懸賞 携帯

懸賞 携帯の携帯電話は、有線電話系通信事業者による電話機を携帯する形の移動体通信システム、電気通信役務。端末を携帯あるいはケータイと略称することがあります。


有線通信の通信線路(電話線等)に接続する基地局・端末の間で電波による無線通信を利用します。無線電話とは異なります。


マルチチャネルアクセス無線技術の一種でもあります。


携帯電話は、移動しながらの通話が可能な電話サービスです。


世界的に見れば、狭義の「電話携帯」の範疇に入れられているものとしては、iDENなどの第二世代携帯電話以降の規格を使っているデジタルMCA無線などの移動体通信携帯端末や、携帯端末に無線免許を要しないUnlicensed Personal Communications Services (UPCS) やPHSやDECTなどの小電力無線携帯端末などがあるります。


日本の行政では、先行して登場した移動体通信システムである自動車電話からの流れで「携帯・自動車電話」という表現がなされていましたが、現在は「携帯電話」になっています。


第二次世界大戦中にアメリカ軍が使用したモトローラ製の「Walkie Talkie」が、前身といわれています。 しかしこれは、回線を使用していないトランシーバーです。


携帯電話の構想は、電話機が考案されて間もない頃からありました。電波を使用して無線で通信でき、かつ人間同士が音声にて会話することが夢として描かれていました。モールス符号を用いる無線電信機は携帯電話の元になる技術でありましたが、実用化されても爆発的に普及するようになるものだとはこの時点では考えられていませんでした。


また、携帯できる電話を開発する具体的な研究は古くから行われてきましたが、電波のノイズの問題やバッテリーの問題、また通信速度などの多くの問題により電話機が非常に大型になってしまうため、実現が困難でありました。


2000年代に入ると第三世代携帯電話が登場し、テレビ電話が可能となったほか、パソコンと接続して高速なデータ通信が行えるようになりました。


また発展途上国でも爆発的に普及し始め、英調査会社、“Informa Telecoms & Media”の2007年11月29日(英国時間)の発表によれば、世界全体での普及率が5割に達しました。

PR

---下記は、キーワードによるサイト探し  検索エンジンによるサイト複数一覧表示---

トップページへ




項目

About all of Asia Travel:Mail order:Work:Movie:Video Game
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。